身長を伸ばすストレッチ法

身長を伸ばすストレッチ法

成長期にある子供の身長などについて悩んでいるお母さんも少なくありません。

 

まず知っといて欲しいことは、小学生や中学生の子供の身長を伸ばすのに大事なことは、しっかりと良質の睡眠をとることと身長を伸ばすために必要となる栄養素をバランスよく摂取することです。

 

それともうひとつ体が硬いと身長を伸ばすのが難しいので、子供の体をストレッチで柔軟にすることも大切なポイントです。ただし、ストレッチはあくまでも身長を伸ばすためのサポートで、ストレッチで身長を伸ばすというものではありません。

 

ストレッチは朝と寝る前の1日2回行うのが理想ですが、子供の場合はなかなか朝起きるのが難しいので寝る前の1回でも良いです。

 

身長を伸ばす子供のストレッチは、実施することで体の歪みを治して、新陳代謝や成長ホルモンの分泌を促進して、身長が伸びやすい環境にして就寝するといった流れです。

 

また、ストレッチを実施することにより、リラックス効果・疲労回復効果なども期待できます。

 

気になるストレッチの方法を2つ紹介

1つ目のストレッチは、まず仰向けに寝て両手を頭の上で組み、大きく息を吸いながら組んだ両手を頭の上の方に伸ばします。また、それと同時に両足のつま先を下の方へ思いっきり伸ばして、その状態で5秒間程度止めます。これを5〜10セット実施すると良いです。

 

2つ目は足のストレッチで、両足を座って90度開いて右足のつま先を掴み手前に引っ張って、ふくらはぎと膝の裏を伸ばす感じで5秒間程度止めて元に戻します。左足も同様に行って、これを5セット行うのです。

 

ちなみに、足が長くなるようにと脳に刺激を送るのも身長促進につながります。

 

トップページ